動物と小人と色鉛筆

描いた絵と日常のあれこれ

春の嵐

f:id:sakiho0701:20170413153034j:plain


ちょうどクリスマスの時期に描きました。
クリスマスローズは色んな種類があって可愛いですね。


冬の間に二ヶ所で開催させていただいた個展も無事終わり、落ち着いていたと同時に、実は思うように絵が描けず、スランプのような状態になっておりました。


しかし、とくに精神的にまいっているということもなく
穏やかな日々が続いており、毎日楽しく過ごしております。


精神的にどこか孤独で、追いつめられているときのほうが、制作活動が捗ったりするので、絵を描かなくても楽しい日々が続いていたからかと思います。


確かに毎日が楽しい…絵を描いていない自分でも、周りは必要としてくれていて、それを嬉しいと思う。


しかしそれは要するに、『絵を描いている自分』は誰にも必要とされていないのでは…?

私が筆を取ることを、誰かが待っているのか…?

このまま描けないままでも、楽しく生きていけるのでは…?



夜眠れずに、いろんなことをぐるぐると考えていました。


私が『動物と小人』を描き始めたのは、慌ただしく働く合間に、カフェで一息しながら自分の好きなものを描いてスケッチブックを一枚ずつ埋めていくことに、ワクワクして止まらなくなったからでした。

深く考えず、勢いのまま好きなものを描いて、それが増えていくのが楽しかった。
とくに誰の為というわけでもなく、自分の為に描き続けて、結果的に出来上がった絵がありがたくも周りの方々とのコミュニケーションのきっかけになりました。


絵を描けないことで、一人で思い悩み自分で自分を追いつめている…このことが一番問題だな、と感じました。
こんな状態の自分を救えるのも、また私自身しかいないのだろうと思いました。


しかしこれといった打開策も思い浮かびません。
こういうとき、焦って描いてもよい絵が描ける気がしないので、『そのうち描きたくなるだろう』と絵は休んでおりました。
(頼まれた絵があったので、それはなるべく早く仕上げねばと、ちょこちょこ描かせていただいておりました。しかしなかなか納得のいく仕上がりにならず、お待たせしてしまっております。)

仕事して、料理を作って(最近なんだか料理が楽しい)、掃除して、本読んで、時々出掛けて、カフェ巡りをしてみたり…平和に毎日過ごしました。

そして昨日、かなり久しぶりに風邪をひいて、ちょうど仕事も休みだったので一日寝込んでおりました。
そうすると、なぜか急に『寝てる場合じゃない。よし描こう!』という気になり、気づけば以前のように楽しく妖精と動物の絵を描いておりました。


そして風邪もほぼ治った。
突然のスランプは治るときもあっさり。
これからどんな絵が仕上がっていくのか、とても楽しみです。



興味深い展覧会やイベントが、あちこちであっているので、よい刺激になりそうだし出掛けてみようと思います。


ランキングに参加させていただいております。

にほんブログ村 イラストブログ 色鉛筆イラストへ
にほんブログ村

星の瞳

f:id:sakiho0701:20170329183136j:plain

2月に個展が終了して、ひといきついておりました。
個展で展示させていただいた新しい絵をぼちぼち上げていきたいと思います。

こちらは『乙女チック』を目指して描きました。
色合いもピンクや薄紫といったいかにも女の子らしい色を中心に、ちょっと蛍光色っぽい普段使わない色も使ってみました。
個展の際は薄いピンクの額に入れました。
男子禁制のオーラが出ているな…と思っていたのですが、男性から良いと言っていただけることが何度かあり、とても意外でした。

以前『ウェルカムボード』をテーマに描いた鳩の絵より、こちらのほうがウェルカムボードっぽい気がする…。

花は大好きな白詰草と、『星の瞳』の別名を持つオオイヌノフグリです。


ランキングに参加させていただいております。

にほんブログ村 イラストブログ 色鉛筆イラストへ
にほんブログ村

f:id:sakiho0701:20170215010709j:plain


同系色で纏める をテーマに描きました。
そうすると背景が難しく、一度青で塗ったらメリハリのない絵になったので、思い切ってメインを切り抜き、背景を別に水彩で描いて、ハリパネを間に挟んでみました。
少し立体的に。

f:id:sakiho0701:20170215010750j:plain

この手法で、また別の色でも描いてみたいです。

花は紫陽花に似た小さい花 ランタナです。

青いランタナって見たことないけど、実在するのかな…

青って大好きな色なのです。

f:id:sakiho0701:20170126111333j:plain


カラフトフクロウをモデルにしたいと、常々考えていて出来た絵です。
見た目はちょっと怖いのに、ひょうきんで人懐っこいというギャップ萌えなカラフトフクロウ先輩。
私の中で、ハシビロコウと並んで『抱かれたい鳥類』として名を連ねている鳥です。(…)


前回の猫もですが、いつもよりサイズが倍以上大きいのですがこれでは分かり辛いかも…?
大きいとたくさん描き込めて良いです。

フクロウの羽毛の感じと木のうろの質感表現に苦心して描き上げました。
寒色を多く使用しておりますが、暖かみのある絵になっていれば幸いです。

MegRu23号

f:id:sakiho0701:20170119155044j:plain


1月1日発行の、アートフリーペーパーMegRu23号に掲載していただきました。

f:id:sakiho0701:20170119155148j:plain

年末年始のバタバタで報告が遅れましたが、ほんとに素敵なフリーペーパーで、一緒に掲載されている作家さんのクォリティの高さにビビりつつ喜んでおります。

テーマは酉年にちなんで『鳥』ということで、フクロウシリーズ(シリーズだったのか)を中心に掲載していただきました。


都心のギャラリーや、六本木ヒルズ美大等に設置されているそうです。


そんな…オシャレな所に…私の絵が……マジか……


ちょっと未だに実感が湧いてないんですが、素直に嬉しいです。
少しでも見た人がほっこりしてくれたらな、と思います!


このような機会をくださった、MegRu編集部の方々に心より感謝いたします。


MegRu23号は、私がお世話になっているニコカフェさんと、佐世保美術研究所さんにも置かせていただいております。
佐世保の方は機会がございましたら、そちらでご覧いただけましたら幸いです!

猫たんぽ

f:id:sakiho0701:20170119152124j:plain

再びお久しぶりになります。

12月に長崎県の平戸でさせていただいた個展が無事終了し、新たな個展の準備に取りかかっております。

上の絵は個展をさせていただいたカフェの看板猫さん達をモデルに描きました。
度々触らせてもらいましたが、すっごいかわいいです。
イラストの上の子は、雌なんですが細面の精悍な顔立ちで、涼しげな目元が綺麗なのです。
下の子は雄で、丸顔で全体的にふっくらしていて目がくりくりの美猫さんです。
それぞれ違う魅力があるのです。

絵の猫率が結構高いのですが、私はどちらかと言うと犬派です。
しかし最近、こちらのカフェの猫さんを触ったり、猫カフェに行ったりして、猫のかわいさに目覚めつつあります。

猫って、よく寄り添って眠っていて、その姿がとても微笑ましくて大好きです。
そんな猫の間に挟まって眠りたいな〜という私の願望が現れた絵がこちらです。

和やかな メメント・モリ

f:id:sakiho0701:20161125075024j:plain


大変ご無沙汰しております。
生きています。

オフラインでは色々と動いていたのですが、こちらのブログをはじめ、FacebookツイッターなどのSNSなどネット上はほぼ更新しておらず、とてもお久しぶりな状態となってしまいました。

オーダーいただいた絵の制作や、個展の準備など、慌ただしくも充実した日々を過ごしております。

今日、部屋に暖房器具が設置され、ようやくゆっくりパソコンで作業ができます。
これから、来月に予定している個展のフライヤーを作る予定です。

年末は個展、そして来年も個展の予定があり、しばらく個展の準備。
本番も楽しむ予定ですが、何かをはじめる準備ってとても楽しいです。

年末の個展は、本当は夏頃させて頂きたいと思っていたのですが、私がいざお話に行くのが遅くなり、年末となってしまいました。

二度目の個展なので、前回と同じ内容ではいけないな…と思います。
前回見に来てくれた人に楽しんでもらえるよう、どこにも公開していない、新しい作品を作っていきたいです。
今回、新しい技法にも挑戦してみました。技法は変えないと思っていたのですが、まさかの。


ここ数ヶ月は、日々、色々書きたいことはありつつも、文章が思うように浮かばず、何よりもまず絵を描いていこう…と作品づくりとお仕事と、日々の雑事、それらにまぎれてネット上の更新を疎かにしておりました。

しかし、ブログのカウント数を見てみると、ほぼ毎日人が来てくれているのですね。
決して数が多くはありませんが、たとえ何人であろうと画面の向こうにいる人達が気にかけてくれている、興味をもってくれていることは確かなのだと思います。
そんな方々に、有り難いと同時に、大変申し訳なく思います。

『今は個展のほうに集中していたいので、少し更新ペースが落ちると思います。』


こういうお知らせを事前にしておけばよかった、と改めて感じました。



色々考えたり、感じたりして生きている毎日ですが、上手く言葉にできなくて、人様の記事を『皆こんなこと考えて生きているんだな…』と読むのは好きなのですが、私自身のことは人に伝わるように話せる気がなかなかしません。

少し前、地元のアートな人達と泊まり込みで夜通し飲み会をするという、非常にカオスで楽しい会がありまして、そこで隣に座っていた方に聞かれたのですが

『なぜ描いているのか』

『好きだから』というシンプルな答えではなく、できるだけ詳細に聞きたいとのことだったので、そのときも、なかなか言葉にするのは難しく、悩みながら答えました。決して上手く話せていなかったし、周りも酔っていて覚えていないだろうと思います(笑)

絵を描く事に勇気はいらないけれど、言葉や文章にして人に伝えるってとても勇気がいるし、言葉を選ぶのが苦手な私にとっては、周りは大して気にしていないとしても緊張してしまいます。
けれども、そんな私の話を興味をもって聞いてくれる、読んでくれる人がいるということは、とても有り難いことですね。



かわいい動物や、きれいな草花を見たときに、ふと人が笑顔になってしまうように
見た人が『フフッ』となってしまうそんな絵を描いていきたいです。


かわいい生き物が、それを見て笑顔になる人達が大好きです。


全米が震撼…!! 』みたいな大層なことはできないけれど

周りの人達がそんな笑顔になってくれたらなぁと思います。


いつか人生は必ず終わるときがくるのだから、それまでできるだけ楽しんで

時々『フフッ』としながら描いていきたいです。