読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

動物と小人と色鉛筆

描いた絵と日常のあれこれ

春の嵐

f:id:sakiho0701:20170413153034j:plain


ちょうどクリスマスの時期に描きました。
クリスマスローズは色んな種類があって可愛いですね。


冬の間に二ヶ所で開催させていただいた個展も無事終わり、落ち着いていたと同時に、実は思うように絵が描けず、スランプのような状態になっておりました。


しかし、とくに精神的にまいっているということもなく
穏やかな日々が続いており、毎日楽しく過ごしております。


精神的にどこか孤独で、追いつめられているときのほうが、制作活動が捗ったりするので、絵を描かなくても楽しい日々が続いていたからかと思います。


確かに毎日が楽しい…絵を描いていない自分でも、周りは必要としてくれていて、それを嬉しいと思う。


しかしそれは要するに、『絵を描いている自分』は誰にも必要とされていないのでは…?

私が筆を取ることを、誰かが待っているのか…?

このまま描けないままでも、楽しく生きていけるのでは…?



夜眠れずに、いろんなことをぐるぐると考えていました。


私が『動物と小人』を描き始めたのは、慌ただしく働く合間に、カフェで一息しながら自分の好きなものを描いてスケッチブックを一枚ずつ埋めていくことに、ワクワクして止まらなくなったからでした。

深く考えず、勢いのまま好きなものを描いて、それが増えていくのが楽しかった。
とくに誰の為というわけでもなく、自分の為に描き続けて、結果的に出来上がった絵がありがたくも周りの方々とのコミュニケーションのきっかけになりました。


絵を描けないことで、一人で思い悩み自分で自分を追いつめている…このことが一番問題だな、と感じました。
こんな状態の自分を救えるのも、また私自身しかいないのだろうと思いました。


しかしこれといった打開策も思い浮かびません。
こういうとき、焦って描いてもよい絵が描ける気がしないので、『そのうち描きたくなるだろう』と絵は休んでおりました。
(頼まれた絵があったので、それはなるべく早く仕上げねばと、ちょこちょこ描かせていただいておりました。しかしなかなか納得のいく仕上がりにならず、お待たせしてしまっております。)

仕事して、料理を作って(最近なんだか料理が楽しい)、掃除して、本読んで、時々出掛けて、カフェ巡りをしてみたり…平和に毎日過ごしました。

そして昨日、かなり久しぶりに風邪をひいて、ちょうど仕事も休みだったので一日寝込んでおりました。
そうすると、なぜか急に『寝てる場合じゃない。よし描こう!』という気になり、気づけば以前のように楽しく妖精と動物の絵を描いておりました。


そして風邪もほぼ治った。
突然のスランプは治るときもあっさり。
これからどんな絵が仕上がっていくのか、とても楽しみです。



興味深い展覧会やイベントが、あちこちであっているので、よい刺激になりそうだし出掛けてみようと思います。


ランキングに参加させていただいております。

にほんブログ村 イラストブログ 色鉛筆イラストへ
にほんブログ村